活動の流れについて

 ―基本的な活動の流れ(自分史作成)―

 

 

はじめのご説明

まずは、じっくりと納得行くまでご説明いたします。ご依頼者の方がご本人でない場合は、必要に応じてご本人も含めてお話しいたします。

ご訪問 またはお電話など

活動開始

どのくらいの時間をかけて、どういうものを望んでおられるのか、ご希望をお聞きしながら、今後の流れを決めます。

 

聞き取り

1回は大体1時間半を目安にします。録音(デジタル)をして、持ち帰ります。だいたい、週に1度から月に1度くらいの頻度が目安ですが、特別なご要望があれば別途検討します。

録音します。

資料

関連する写真や資料などは、その都度ご準備下さい。必要に応じて、写真を撮ったり、お預かりするなどして、文章に組み込みます。(画像データにして使います。)

   

文字おこし

持ち帰った録音内容を文字にします。次回訪問時までに仕上げ、ご本人に添削していただきます。聞き取りが続く場合には、その添削を入り口にして、さらに次の録音を行い、内容を追加しつつ完成させていきます

   

仕上げ

修正や補足、資料や写真などを加え、お話し合いをしつつ、仕上げます。

   

完成

印刷物として完成させます。ご希望に応じて、冊子のPDFファイルデータもお渡しします(別料金)。

請求書を作成しますので、お支払いをお願いします。

 

※聞き書き絵本作成について

  • 基本的には、自分史の作成と同じです。念のため録音はしますが、文字おこしはしません。主人公をどうするか、どの部分を絵本にするか、ファンタジーを織り込むかなど、具体的な絵本のストーリーは、こちらで考えます。
  • 構想が出来た時点で、ご満足していただけるかを確認しつつ、調整して行きます。