古橋 悦子  プロフィール

京都市左京区在住  昭和41年(1966年)生まれ
同志社大学卒業後、福祉施設の現場で働きながら、視覚障害者歩行(白杖)指導員、介護福祉士、介護支援専門員などの資格を取得。

 

相談業務などを通して、勤務時間内の限られた中でいろいろな方々のお話を伺いながら、たくさんの方が、すばらしい体験談や人生観など、残さないまま他界なさるのがとてももどかしく、専門的な活動がしたいと思うようになりました。

自らの特技を生かし、2000年頃からフリーで活動しつつ経験をつんでいます。三児の母でもあります。イラストやカットは、夫が描いてくれています。

2011年より、「京都の聞き書き絵本」を正式に立ち上げ、ご依頼を受けて、いろいろな方々の人生や思いを聞き取って、オリジナルの絵本などを作成しています。

本といっても、店頭にならぶ書籍ではなく、数冊か数十冊しか作らない とてもプライベートなものがほとんどです。中には「棺桶に入れてもらうだけ、一冊でいい」とおっしゃる人もおられます。

 

一方で、障碍を持つお子さんについて広く伝えたいという人、結婚式のウェディングパンフレットを作ってほしいという人などもおられ、スタイルにとらわれず、その方の望まれているものを形にすることに、神経を注いでいます。

個人で営んでおりますので、キャパシティーが小さいのが一番の悩みです。いつも 何名かに待っていただきながら、手を抜くことなく、コツコツと取り組んでいます。好きなことができることに感謝しながら、地道な毎日を送っています。

 

上記しましたように、私が作るのは、ほとんどがとてもプライベートなものばかりです。そんな中で、公開してもよいとおっしゃって下さる方の本をいくつか読めるようにしました。

どうぞ ききがきミュージアムの作品たちをご覧ください。